今治タオルを訪ねる Visit

今治は「自然」「産業」「文化」のバランスの取れた街です。

今治タオルの歴史は、明治27年に綿ネル機械を改造して、タオルの製造を開始したことから始まります。
今治市内には多くのタオルメーカーが存在し、町全体が「タオル創り」に協力して取り組んでおり、現在は、今治全体で織機台数、約3,200台(能力換算)、従業員数約2,500人、年間生産額約180億円で、全国生産の約60%を占めています。
質量共に日本一を誇り、日本国内はもちろん世界各地で愛用されています。

今治は「自然」「産業」「文化」のバランスの取れた街です。
かつては政治・経済・文化の中心地として栄える。

今治地方で出土した古墳時代の多くの遺跡や、平安時代に伊予国国府、その後国分寺が置かれたことを見ても、今治市は昔からこの地方の政治、経済、文化の発信地であったということがわかります。

中世室町時代には村上氏などの伊予水軍が瀬戸内海の制海権を持つほど力を持っていました。多くの大名の水師として戦国時代に活躍しています。
江戸時代に入ると、藤堂高虎が宇和島藩を含む約20万石の領地を治め城を築きます。「今張」を「今治」と改め今治城の城下町として都市整備が進み発展していきます。
その後、菅原道真を先祖に持つ久松松平家が藩主となり、版籍奉還まで治めます。

明治以降、市町村制の施行により今治町が誕生、大正9年に日吉村と合併して今治市が誕生しました。その直後より港湾の整備を進め、四国初の開港場となります。
昭和に入ってから、綿糸紡績、タオルなどの繊維産業や造船業とその関連産業が商業都市として発展を勢いづけます。
平成11年には瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)が開通し、中四国の交流、流通の拠点となりました。

今治イメージ 今治イメージ 今治イメージ
タオル製造をはじめ、全国屈指の地場産業を擁します。

タオルと並び今治を代表する地場産業は造船業です。今治の造船業は地理的条件や波が穏やかな良港に恵まれたことによる船舶修繕から発展したと記録に残っています。
塩や菊間瓦、桜井漆器などの製品や、それを生産するための原材料を運ぶために海運が発達しました。
海運が盛んになると、船の修繕や港湾の整備も行われます。また、来島海峡は日本三大急潮の一つで、ここを漁場とする漁師には優れた操船技術が必要です。その技術の蓄積は近代造船発展に大きく貢献します。
今では、年間売上高約3,000億円を超え、全国有数の造船地区となりました。

今治市の西部に位置する菊間地区では瓦の製造が盛んです。今を遡ること約700年前の鎌倉時代から、伝統のある技法、技術によって作られた丈夫な瓦の製造を今に伝えています。
菊間瓦は、松山城、大山祇神社などの城郭、神社、寺院や、独特のいぶし銀の美しさや耐久性から一般の住宅にも多く使われています。

今治市の北部に位置する諸島部では、石材、製塩業が盛んです。
大島地区は、国会議事堂、赤坂離宮、大阪心斎橋、愛媛県庁にも使われている大島石が有名です。“石の貴婦人”とも呼ばれ、石目が細やかで、青味を含んだ石肌を持ち、国産石でも有数の堅さを誇ります。現在では高級墓石として絶大な信用と支持を得ています。

伯方地区では、天日海塩の原料を海外より輸入して、瀬戸内の海水で溶かして自然塩を製造をしています。
ここで作られる塩は、塩味の中にもほんのりとした甘さを感じるのが特徴です。にがり(苦汁)をほどよく残して海水中の成分を生かしてつくった風味のあるお塩で、食用塩として全国の家庭で使われています。

今治観光マップ
  • 1.来島海峡大橋

    来島海峡大橋は日本三大急潮のひとつであり、世界初の三連吊り橋です。
    橋のたもとには、約400台のレンタサイクルがあり、しまなみ海道レンタサイクルの拠点となっています。
    他にも、周辺には宿泊施設や橋が一望できるレストラン、カフェ、そして展望台があり、展望館では架橋技術を紹介する展示室もあるので、休日は多くの観光客で賑わっています。

    〒794-2113 愛媛県今治市吉海町椋名 【 MAP
    TEL:0898-23-7250

  • 2.よしうみバラ公園

    よしうみバラ公園には世界各地の約400種類3,500株ものバラが植栽されています。
    毎年5月中旬から12月末まで美しいバラが咲き誇っています。
    また、バラの見ごろの時期にはバラ祭りが開催され、多くの来園者がバラの美しさを楽しんでいます。

    〒794-2103 愛媛県今治市吉海町福田1292 【 MAP
    TEL:0897-84-2111

  • 3.今治城

    1604年(慶長9年)、藤堂高虎によって築城された今治城は、国でも珍しい海岸平城。
    昭和55年10月に再建された天守閣は、今治市の観光と文化のシンボルとなっており、最上階の展望台からは今治市街地と来島海峡大橋を一望することができます。
    また毎日、日没後から午後11時までライトアップがされているので、夜でも楽しむことが出来ます。

    〒794-0036 愛媛県今治市通町3丁目1-3 【 MAP
    TEL:0898-31-9233

  • 4.志島ヶ原

    広大な松原、アカマツ、クロマツの老樹2,500本が連なる景観は幻想的。
    白砂青松の海岸で国の名勝に指定されており、白砂青松の海岸は、カップルにお勧めのスポットです。
    梅の名所としても知られており、昭和62年には日本の白砂青松100選に選ばれました。

    〒799-1522 愛媛県今治市桜井6丁目 【 MAP

  • 5.大山祇神社

    大山祇神社は、日本総鎮守と呼ばれており、拝殿・本殿が国の重要文化財に指定されており、宝物館には、鎧・兜・刀剣類が数多く収蔵・展示されています。
    また、境内は国の天然記念物に指定されている楠群に囲まれており、中央には樹齢約2,600年の神木である大楠が鎮座しています。

    〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦3327 【 MAP
    TEL:0897-82-0032

  • 6.村上水軍博物館

    戦国時代、瀬戸内海を自在に駆けめぐり、活躍した能島村上氏当主の村上武吉。
    この能島村上家伝来の貴重な品々の展示や、映像コーナーや着付け体験など楽しみながら水軍の歴史を学べる参加型が特長の日本唯一の水軍博物館です。

    〒794-2203 愛媛県今治市宮窪町宮窪1285 【 MAP
    TEL:0897-74-1065
    HP:http://www.city.imabari.ehime.jp/bunka/suigun/

今治タオルを訪ねる 学ぶ 触れる
お問い合わせはこちら アクセスマップはこちら 今治タオル 本店 今治タオルLAB

テクスポート(TEXPORT)今治

〒794-0033 愛媛県今治市東門町5丁目14番3号【MAP】 / TEL:0898-23-8700(代表) FAX:0898-23-8702

Copyright © imabari towel. All rights reserved.

  • 今治タオル ブランド
  • 今治タオル オンラインショップ
  • タオルの街と歴史
  • 法人の皆様へ
  • タオル業界の皆様へ