今治タオルの歴史 Learning

タオルは、いつ、どこで生まれどのように広まっていったのでしょう。
なぜ、ここ「今治」が、国内最大のタオル生産地になったのでしょうか。
私たちの生活には欠かすことの出来ないタオルについて、少しだけ勉強してみませんか?

  • タオルの語源
  • 日本のタオルの歴史
  • 今治タオルの歴史
  • 現在の今治タオル
タオルの語源

私たちが、日頃使っている「タオル」と言う言葉の語源は、スペイン語のトアーリャ(Toalla)かフランス語のティレール(Tirer)からきた言葉だといわれます。
もともと浴布といった意味ですが、現在は布面にパイルをもつテリー織りのことをタオルと呼んでいます。

また、確実な文献はありませんが、1811年フランスにおいてその原理が考案されたのが最初ではないかと伝えられており、エジプトでリネンテリーのような織物が、紀元前2000年頃の墳墓から発見されています。

その後、盛んな入浴の習慣があった古代ローマでも、バスタオルのようなものが使われていたとされています。

タオルの語源
日本のタオルの歴史

日本にタオルが入ってきたのは明治5年。
大阪税関の諸輸入品目の中に「浴巾手拭2打、7円60銭」と記録が残っているのが公式に示すものとしては最初のようです。
当時、英国から輸入された綿タオルはその暖かさと柔らかい肌ざわりのためか首巻にも使用されていたようです。

その後、明治13年(1880年)頃、大阪の井上コマが手織り機で織りました。
緯糸と一緒に細い竹篠を打込み、織り上がった後竹篠を引き抜いてパイルを織り出すという手法を考案したのです。

テリーモーションによる機械での製織方法は明治20年(1887年)中井茂右衛門により完成し、日本のタオル界に画期的な変革をもたらしました。

レイヤー 90日本のタオルの歴史
今治タオルの歴史

今治タオルの歴史は、明治27年に阿部平助氏が綿ネル機械を改造して、タオルの製造を開始したことから始まります。
その後明治43年に麓常三郎氏によりタオルを同時に二列織る機械が考案され、大正元年には中村忠左衛門氏により大衆向けのタオルが開発されました。
大正13年頃には愛媛県工業講習所(現愛媛県産業技術研究所繊維産業技術センター)の技師であった菅原氏の指導により、高級なジャカード織りの今治タオルが生産されるようになりました。
現在では、質量共に日本一を誇り、日本国内はもちろん世界各地で愛用されています。

今治タオルの歴史や織機の進化の推移などは、テクスポート今治内の今治タオルの歴史資料室でもご紹介しております。
古くからの織機など、実物をご覧いただくことができます。

今治タオルの歴史資料室について
  • 746 / 天平18年 正倉院南倉の御物のあしぎぬに「伊予国越智郡○井郷葛木部龍調、○六丈天平18年○月」とある

    日本の当時の主な出来事 前年、東大寺蘆舎那仏像の製作が始まり、八年後の752年に奈良の大仏が完成

  • 1559 / 永禄2年
    1559 / 永禄2年 三河の国に漂着した崑崙人が持ち込んだ綿花の種が温暖な西日本、紀伊・淡路・阿波・讃岐・伊予等で栽培された

    日本の当時の主な出来事 翌年、尾張の織田信長と今川義元の戦い、桶狭間の合戦が行われた

  • 1600 / 慶長5年 今治地方で綿花栽培が盛んに行われ、農民(婦女子)はそれを紡ぎ、小幅白木綿を製織した

    日本の当時の主な出来事 日本全国の大名が東軍と西軍の二手にわかれ、20万に及ぶ大軍により関ヶ原の戦いが行われた

  • 1716 / 享保元年 今治の綿織物の始まり 今治承認の柳瀬忠治義達が実棉と綿布(白木綿)の交換制度(綿替木綿)を始め大阪市場に出荷した

    日本の当時の主な出来事 翌年、京都に大丸の前身である呉服店大文字屋が開業

  • 1886 / 明治19年
    1886 / 明治19年 今治の綿ネルの始まり 矢野七三郎らは今治町内三番町に工場を設け、木綿織機8台で綿ネルの製織を始めた

    日本の当時の主な出来事 明治の初期、四国で最初のキリスト教会が今治の地に設立された
    それ以来、今治は西洋文明の発信地として注目され数多くの人材を輩出した

  • 1894 / 明治27年
    1894 / 明治27年 今治タオルの歴史はここから始まる 阿部平助は今治町内風早町で改造織機4台を用いてタオルの製織を開始する

    日本の当時の主な出来事 日清戦争始まる。日英通商航海条約調印により治外法権が撤廃され、欧米列強と対等関係になった

  • 1910 / 明治43年
    1910 / 明治43年 今治の麓常三郎がタオルを同時に2列製織できる二挺バッタン(麓式タオル織機)を発明した

    日本の当時の主な出来事 かつて呉服橋駅、現在の東京駅が開業

  • 1912 / 大正元年
    1912 / 大正元年 綿ネル織機を利用して綿ネルの不需要期に副業として広巾織物の製織を始める 同年、中村忠左衛門が単糸先晒縞タオル(それまでのタオルは後晒だった)の生産を開始する

    日本の当時の主な出来事 タイタニック号が北大西洋を航行中に氷山に接触し沈没

  • 1921 / 大正10年 この年の生産は広巾織布119万反(746万円)、綿ネル64万反(645万円)、タオル97万打(131万円)綿業の発展により今治市は四国のマンチェスターと呼ばれ、翌年、今治港が四国最初の開港場に指定される

    日本の当時の主な出来事 フランス・パリでココ・シャネルが、シャネル初の香水「NO.5」を発売

  • 1924 / 大正13年
    1924 / 大正13年 愛媛県工業講習所の菅原技師が厩機をタオル織機に改造し200口の半木製ジャカード機による試織に成功する

    日本の当時の主な出来事 前年、日本災害史上最大の被害を与えた関東大震災が起こる

  • 1926 / 昭和元年 今治タオル産地は企業数70社、力織機1,172台、足踏機129台、その他16台の規模にまで達した

    日本の当時の主な出来事 電話交換の自動化により、交換手による回線交換から現在の自動交換方式が始まった

  • 1945 / 昭和20年 8月5日、米軍機による今治市大空襲で壊滅的打撃を受け、タオル業者9社、織機275台に激減する

    日本の当時の主な出来事 日本がポツダム宣言を受諾、長く続いた太平洋戦争が終結

  • 1951 / 昭和26年 この頃、タオル業界の好況が続き、広巾綿布業者はタオルに転業、或いは兼業するものが急増する

    日本の当時の主な出来事 戦後の衣料不足と朝鮮戦争特需から、織機を1回がチャンと動かせば1万円稼げる「ガチャマン景気」に沸く

  • 1960 / 昭和35年 今治で開発したタオルケットが爆発的に売れ、大阪タオル産地を追い抜いて、日本最大のタオル産地になった

    日本の当時の主な出来事 日本でカラーテレビの放送が開始

  • 1991 / 平成3年
    1991 / 平成3年 今治タオル産地の生産数量は50,456トン(タオル業者379社、織機7,979台)でピークを迎えた この年、テクスポート今治が開業する

    日本の当時の主な出来事 バブル経済崩壊、国内需要は大きく減少、安価な輸入品が急増し、今治タオル産地は壊滅的な打撃を受けた

  • 2006 / 平成18年
    2006 / 平成18年 今治タオル産地の生産数量は12,207トン(タオル業者148社、織機2,508台)

    日本の当時の主な出来事 四国タオル工業組合(現:今治タオル工業組合)は今治市及び今治商工会議所との連携により、今治タオルプロジェクトをスタート

現在の今治タオル

昭和59年(1984年)頃からコンピュータ(画像処理システム、ダイレクトジャカード、電子ジャカード、エアジェット織機など)の導入により、生産額は急激に増大しました。
現在の織機台数約3,200台(能力換算)、従業員数約2,500人、年間生産額約170億円で、全国生産の約60%を占め、質量共に日本一を誇っています。

市内のタオルデザイナーが、バス・トイレだけではなく、様々な生活シーンで使用される「今治タオル」を開発しています。

テクスポート今治内に設置された「タオル工房館」では、実際の織機がタオルを織る様子もご覧いただけます。

現在の今治タオル
タオル工房館について
今治タオル を学ぶ 触れる 訪ねる
お問い合わせはこちら アクセスマップはこちら 今治タオルを知る タオルの豆知識 一覧に戻る

テクスポート(TEXPORT)今治

〒794-0033 愛媛県今治市東門町5丁目14番3号【MAP】 / TEL:0898-23-8700(代表) FAX:0898-23-8702

Copyright © imabari towel. All rights reserved.

  • 今治タオル ブランド
  • 今治タオル オンラインショップ
  • タオルの街と歴史
  • 法人の皆様へ
  • タオル業界の皆様へ